「生姜」には、血流を良くして冷え性を改善する他にも、様々な効能が!

背伸び001
生姜・・・英語でジンジャー・・・は、体にとっても良い食べ物です。
食べ物というより、スパイスとしては「ジンジャー」として一般的ですから、
香辛料と言った方が良いのかもしれませんね。
生姜の効能の第一は、一言で言うと
血流を良くする
ということになります。
血流を良くすることで、体を温めて冷え性を改善したり、排泄機能・発汗機能が向上したり、色々な効果があります。
そんな生姜を食べた時の具体的な効能をまとめていこうと思います。

生姜は、血流を良くする

生姜には
・血管を太くする
・血小板の粘り気を押さえて、血液が固まるのを防ぐ
といった効果があるそうです。
そのため、血液が流れやすくなるわけです。血液が流れやすくなることで、体温が上昇し、体の諸機能が活性化して、健康な体になるようですね。

生姜によって血流が良くなるため、色々な影響が出てきます。これは、別記事で書きますが、例えば・・・
内耳の血行が良くなる事で、めまいと耳鳴りを防いだり
子宮・卵巣の血行が良くなる事で、生理痛が軽減されたり
といった働きもあります。
女性にはとっても嬉しい作用ですね。

血流が良くなると、体温が上がるので冷え性が改善する!

血流が良くなることで、体温が上がります。この体温の上昇は、寒い時に、一時的に手や足を温めるのとは違います。
手足が冷えるから、そこを温めて、「温かいな~」って思っても、根本的には体は冷えているわけです。それを表面的に暖かく感じているだけです。
でも、血流を良くすると、体の中でしっかりと熱を作り出して、それを体の隅々にまで届けることができるわけですね。
つまり、体質を変えてしまうことができるわけなんです。

血流改善で体温が上がると、丈夫になる

体温が上昇することで、免疫力が上がります。免疫力は、体内に侵入したウィルスや細菌と戦う力。体温が常時低い人は、この免疫力が落ちてしまい、風邪をひきやすくなったり疲れやすくなったりするようです。一方、体温が高い人はこの免疫力が高くなりますから、丈夫になると言うわけですね。
また、体温が上昇すると「酵素」の働きが活発になります。「酵素」は、体内で行われる化学反応の仲立ちをする物質。人間の体内には色々な酵素があって、色々な働きをしています。消化・排泄・発汗・血流・・・すべてに影響します。体温が下がれば、この酵素の働きが鈍くなるわけですから、もちろん体調が悪くなりますね。

血流改善で体温が上がると、太りにくくなる

さっきの「酵素」の影響なんですが、血流改善をすると基礎代謝が良くなります。基礎代謝ってとても大切で、運動とか特にしなくても、普通の生活の中でエネルギーを消費することです。で、その基礎代謝がよくなれば、その分カロリー消費をどんどんしてくれます。実は運動して消費するエネルギーよりも、基礎代謝によって消費されるエネルギーの方が大きいんですね。それで、血流改善すると太りにくくなるというわけです。
血流と基礎代謝血流と免疫力については、こちらの記事に書いています。

生姜は胃腸を快調にする働きがある

血流が悪い私は、疲れるとすぐに食欲が無くなってしまいます。
そのため、食欲が無くなって、体がバテて、そのためまた食欲がなくなって・・・・という悪循環を繰り返してしまいます。
生姜には血流を良くする効果があるので、胃腸の血行を良くして胃腸の消化吸収力を高めます
また、生姜には、タンパク質を分解する成分が含まれているほか、胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する力もあるようですね。
生姜には、血流を良くすることで胃腸を丈夫にしてくれる作用があるため、夏バテしやすい女子には、強力な援軍になりますね。

生姜の力で吐き気が抑えられる

生姜には、吐き気を抑える働きがあります。車酔い、二日酔い、つわりなどを抑える働きがあります。
私は小さい頃から、車酔いが酷くて、家族と一緒にドライブに出かけるときも、あまり楽しくない思い出ばかりで・・・。
ですが、最近、車酔いの程度が軽いんです。生姜に吐き気を抑える効果があるということを聞いたので、
何か思い当たる節は・・・・と考えたら、ジンジャーエールのおかげかもしれません。
毎日飲んでいますからね・・・。
ジンジャーエールの作り方はこちら
ジンジャーエールの作り方(時短編)はこちら

活性酸素を除去して、疲労回復と老化防止が出来る

活性酸素ってご存知ですか?
活性酸素は人間の体内に普通に存在するものなんですが、通常は細菌の撃退などに使われる物質です。ところが、これが増えすぎると、細菌以外の体内の大切な細胞まで攻撃してしまうことがあります。
特に、激しい運動やストレス、タバコや紫外線などによって、体内に大量発生します。
疲れ001
これが、老化の原因になったり、生活習慣病の悪化、果ては癌細胞を生み出す原因とまで言われているとっても有害な物質なんです。
体内にこの活性酸素がたまると、体が酸化し、疲労が取れにくくなる原因にもなります。
よく、「疲れた体にアルカリイオン水!」みたいないCMあるじゃないですか・・・。あれがまさに、このこと。
疲れた体は活性酸素によって酸化します。その酸化した体を、弱アルカリ性の水で元の中性に戻して、体の疲れをとろうというものが、あの宣伝文句の趣旨です。
生姜には、この活性酸素を除去する性質があります。
また、さっき書いたように、生姜は「体温を上昇」させますから、それによって酵素の働きが強くなり、この「酵素」も活性酸素を撃退してくれます。
いずれにせよ、疲れた体にとても良いことになりますね。

「耳鳴り」や「めまい」の改善

生姜が血流を良くしてくれることによって、耳鳴りやめまいの改善が期待できます。
耳の奥には内耳と呼ばれるところがあって、この内耳の血流が悪いと、耳鳴りやめまいが起こりやすくなります。耳鳴りもめまいも非常に不快なものですし、日常生活に支障が出てしまいます。気分が優れない状態が続くことで「うつ」を発祥することもありますから、けっして放置してよいものではありません。
血流と耳鳴りの関係についてはこちら

生姜には、このように、様々な効能があります。生姜のパワーを実感できる生姜のサプリはこちら