生姜を毎日摂取していくことって、中々大変です。
料理があまり好きではない私にとっては・・・
小まめに生姜をすり下ろすなんて、無理!
って思ってしまいます。

そのため、ジンジャーシロップは、とても重宝するんです。

甜菜糖をつかったジンジャーシロップがお勧め

ジンジャーシロップ(甜菜糖)ジンジャーシロップ(グラニュー糖)

このジンジャーシロップには二種類あって、左の方が「甜菜(てんさい)糖」を使ったジンジャーシロップ、右の方が「グラニュー糖」を使ったジンジャーシロップです。
糖分によって味は変わるので、そこは好みですが・・・
体をあたためる効果が高いのは「甜菜(てんさい)糖」の方です。

甜菜(てんさい)って、小学校の社会の時間に出てくる、北海道でさかんに作られている作物で、砂糖の原料になるやつです。
一般にスーパーなんかで売られている砂糖は、沖縄のサトウキビが原料になっていることが多く、白砂糖、黒砂糖、三温糖などほとんどがサトウキビを原料にして作られています。
サトウキビを原料にした砂糖よりも、甜菜(てんさい)糖の方が体を温める働きが高いそうです。

血流を良くして、体を温めるのであれば、甜菜糖を使ったジンジャーシロップがお勧めです。

ジンジャーシロップの使い方

ジンジャーシロップは、
・水で割って飲む
・お湯で割って飲む
・炭酸水で割ってジンジャーエールにする
・紅茶に入れて生姜紅茶にする
・パンケーキにシロップの代わりにかける
・ビールやワインに入れる
など様々な使い方ができます。

ジンジャーシロップの詳しい使い方はこちらに載っています。

何かに入れたり、かけたりするだけで、生姜を摂取できますから、
料理が嫌いな私には、これほど重宝なものはないです。

他の生姜サプリも見たい人はこちら
管理人が選んだ生姜サプリランキングはこちら