血流が悪くなることで起こりうる症状といえば
体温の低下
です。

体温が低下すれば、代謝が鈍って、免疫力が低下します。
体が疲れやすくなったり、病気にかかりやすく・治りにくくなりますよね。

朝寝起きって、体がだるかったり、重かったりして
どうにも調子がでないじゃないですか。
あれって、寝起きの体温が低いからみたいです。

寝起き

低体温だと風邪や肺炎、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性も高くなるようです。

日本人の平熱というのは、近年下がっているようですから、
日本人全体が、血流障害による体温の低下で、不健康になる傾向にあるのかもしれませんね。